プレフェミン 副作用

プレフェミンの副作用の症状とは?

日本で初めて認められたPMS治療薬であるプレフェミンには、
何か困った副作用などの症状があるのでしょうか。

 

 

日本では今現在、PMS治療薬はプレフェミンだけです。

 

プレフェミンには、PMSにアプローチする有効成分として、
西洋ハーブのチェストベリー乾燥エキスが配合されています。

 

日本ではあまり馴染みのないチェストベリーという西洋ハーブは、
実はギリシャ・ローマ時代からさまざまな婦人系疾患の治療薬として
伝統的に用いられてきた有名なハーブです。

 

日本では2014年の4月に発売されたばかりのプレフェミンですが、
スイスやオーストリアなどの数多くの国では
すでに一般用医薬品として使用されています。

 

 

プレフェミンに配合された生薬が、穏やかに体質を改善してくれ、
PMSによるイライラや情緒不安定、乳房のハリや痛み、
頭痛や不眠など、あらゆる心や身体への症状の改善に効果を発揮してくれます。

 

プレフェミンは、生薬による医薬品なので、
副作用もそれほど心配する必要はないでしょう。

 

しかし、どんな薬でも食品でも、
体質などによってはアレルギーが出てしまう可能性はあります。

 

もしも、プレフェミンを毎日服用していて、
肌に赤みが出てくるなどの、いつもとは違った症状が出てきた場合には、
プレフェミンに含まれる有効成分が体質的に合っていない可能性があるので、
服用をいったん止めるようにしましょう。

 

 

また、プレフェミンを服用することで、
たまに生理周期に変化が出たり、
経血の量に変化が見られることもあるようです。

 

これらの症状は、プレフェミンの成分による副作用かも知れないので、
あまりにも生理が乱れるようだったり、
経血の量が多くなる場合には、速やかに医師に相談するようにしましょう。

 

 

プレフェミンは、辛いPMSの症状を穏やかにしてくれる医薬品で、
副作用もそれほど心配ありません。

 

感情がコントロール出来ずに大きなストレスとなっていた方や
身体の症状が辛くて会社を休むほどだった方も多いことでしょう。

 

プレフェミンは、そんな女性の強い味方になってくれる医薬品です。
ぜひ試してみてくださいね。

PMSサプリ、女性のミカタについて

女性のミカタは、毎月訪れる辛いPMSの悩みを軽減してくれる
PMS対策のサプリメントです。

 

PMSと言われる月経前症候群の症状は、実にさまざまで、
どんな症状が現れるのか、
また、どの程度の強さなのかは個人差も大きいものです。

 

気分の落ち込みやイライラ、集中力の低下など、
心への症状が強く現れる人もいますし、
顔や足のむくみや体重増加、頭痛などの
身体への症状が強く現れる人もいます。

 

 

女性のミカタには、心の症状の改善に効果的なハーブが配合されたサプリと
身体への症状の改善に効果的なハーブが配合されたサプリの、
2種類のサプリメントが用意されています。

 

チェストベリーや月見草オイルなどの
PMSに効果のあるハーブが配合された女性のミカタは、
サプリメントなので、副作用などの心配もなく、
じっくりと続けることで徐々に体質改善ができます。

 

効き目は穏やかですが、
確実に体質が改善されていき、PMSの辛い症状が軽くなります。

 

ピルのような即効性は期待出来ませんが、
その分、副作用の心配がないことが女性のミカタの魅力です。

 

じっくり続けて安全に体質改善したい方に
女性のミカタはおすすめです。

 

 

>>女性のミカタ公式サイトへ

 

 

女性のミカタ

 

 

【関連リンク】女性のミカタを薬局に買いに行ってみた結果…