プレフェミン ピル

プレフェミンとピルの併用は可能?

日本で初めて新ゼリア新薬から発売された
PMS治療薬であるプレフェミンには、
西洋ハーブのチェストベリーが配合されています。

 

日本で新たに承認されたチェストベリーは、
生理前のホルモンバランスの急激な変化による
イライラや憂鬱、むくみや生理痛などの
さまざまな症状を改善するために役立つ成分です。

 

同じくPMSの治療や避妊などの目的で使用されている
低容量ピルとの併用は可能なのでしょうか。

 

 

プレフェミンは、ハーブで作られた新薬なので、
副作用はそれほどないのですが、
経口避妊薬やホルモン剤との併用は避けた方が良いとされています。

 

特に低用量ピルは、プレフェミンと併用することで
お互いの効果が減少してしまう可能性があるので
併用しない方が良いでしょう。

 

また、プレフェミンは、女性ホルモンに影響を与える薬なので、
妊娠、授乳時、乳がんなどの場合にも避けるように注意してください。

 

 

海外ではすでに多くの国で販売されているプレフェミンは、
日本では2014年に発売が始まったばかりです。

 

ピルのような副作用の心配もないプレフェミンですから、
より気軽にPMS対策に利用出来そうですね。

チェストベリーってどんなハーブなの!?

プレフェミンの主成分は、西洋ハーブのチェストベリーです。

 

このチェストベリーの成分が、
日本でも薬としての有効性と安全性が認められ、
2014年から、PMS治療薬として発売が開始されました。

 

西洋では古くから有効性と安全性が評価され、
一般用医薬品としていろいろな薬に使用されているのがチェストベリーです。

 

地中海沿岸地域に自生するチェストツリーの果実がチェストベリーで、
ギリシャ・ローマ時代から
さまざまな婦人系疾患の治療に使用されきた実績のあるハーブです。

 

プレフェミン、1日の摂取量1粒中には、
このチェストベリーの感想エキスが40r配合されています。

 

 

日本ではこのプレフェミンは、医療用薬品としての承認を経ずに
直接市販で売られるようになった要指導医薬品なので、
薬局で購入する際には薬剤師の指導が必要です。

 

インターネットのショッピングサイトや薬局でも
気軽に購入することは出来ません。

 

プレフェミンを販売している薬局も限定されているので、
PMSの症状でお困りの方は、販売店を探して足を運んで手に入れてくださいね。

 

 

>>プレフェミンの副作用の症状とは?TOPへ

 

関連ページ

プレフェミンは授乳中でも大丈夫なの!?
PMS治療薬、プレフェミンの副作用の症状をまとめました!また、当サイトでは副作用のないPMSサプリ、女性のミカタについても紹介しています。プレフェミンの飲用をご検討の方はぜひチェックしてみてください。
ドラッグスストアで購入出来る?
PMS治療薬、プレフェミンの副作用の症状をまとめました!また、当サイトでは副作用のないPMSサプリ、女性のミカタについても紹介しています。プレフェミンの飲用をご検討の方はぜひチェックしてみてください。