PMS 下痢

PMSの症状1 「下痢」

イライラや気分の落ち込み、乳房のハリなどが
PMSの症状として知られていますが、
PMSの症状には下痢もあります。

 

昨日までは便秘で困っていたのに、
今日になって突然お腹が緩くなった、などの症状は、
PMS期にはよく見られる症状なのです。

 

 

生理10日くらい前になると、
便通が悪くなり、便秘がひどくなる女性が多いようです。
下腹が張ってきたり、おならの臭いもきつくなります。

 

それが生理直前になれば、急にお通じが良くなり、
さらにお腹がゴロゴロして下痢気味になったり、胃痛も伴う人もいます。

 

 

PMSの症状としての下痢は、
他の症状と同じで女性ホルモンバランスの変化などによって
胃腸の働きが変化することで起こります。

 

生理前になると、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増加します。

 

このホルモンは、子宮の収縮を抑える働きがあるのですが、
妊娠しなかった場合には、プロスタグランジンという
反対に子宮を収縮させる物質が分泌されるようになります。

 

この物質は、子宮以外に、胃や腸までもを収縮させ、
働きを過剰にするので、下痢の症状を引き起こすのです。

 

日本初のPMS治療薬のプレフェミンは、
このような下痢の症状がある方にもおすすめです。

 

 

>>プレフェミンの副作用の症状とは?TOPへ

 

関連ページ

PMSの症状 「むくみ」
PMS治療薬、プレフェミンの副作用の症状をまとめました!また、当サイトでは副作用のないPMSサプリ、女性のミカタについても紹介しています。プレフェミンの飲用をご検討の方はぜひチェックしてみてください。
生理前のイライラ、どんな対策がある?
PMS治療薬、プレフェミンの副作用の症状をまとめました!また、当サイトでは副作用のないPMSサプリ、女性のミカタについても紹介しています。プレフェミンの飲用をご検討の方はぜひチェックしてみてください。