生理前 イライラ

生理前のイライラ、どんな対策がある?

毎月やってくる生理前のイライラや身体の不調には、
いったいどんな対策があるのでしょうか。

 

 

生理前になると決まって起こる、
イライラや気分の落ち込みなどの心の変化、
むくみや頭痛、生理痛などの身体の変化は、
PMS、月経前症候群と呼ばれています。

 

生理前に起こるこれらの身体や心の変化は、
女性ホルモンのバランスが急激に崩れることが原因で、
排卵から月経が始まる前に起こります。

 

 

生理前のイライラは特に多くの女性に見られる症状なのですが、
イライラをはじめとするPMSの症状を悪化させてしまうのは、
ストレスや冷え、睡眠不足などです。

 

PMSを悪化させているこれらの原因を改善することで、
PMSの症状も軽くすることが出来ます。

 

 

強度のストレスは、PMSの症状を悪化させます。

 

どんなに仕事などでのストレスを感じても
寝る前にはリラックスして眠るようにしましょう。

 

お気に入りの音楽やアロマオイルなどを利用して、
その日のストレスを翌日にまで持ち越さないようにしましょう。

 

ダイエットのストレスも、この時期は大敵なので、
生理前にはあまりダイエットを頑張り過ぎないようにしましょう。

 

 

身体の冷えも自律神経のバランスを崩して、
ホルモンバランスを崩す原因となりますから、
お風呂にゆっくり浸かって身体を温め、
冷たい飲みものは避けるようにして、身体を温める工夫をしましょう。

 

 

十分に睡眠をとることもPMSのイライラ改善には必要です。

 

睡眠不足が続けば、ストレスにも弱くなり、
ホルモンバランスも乱れてきます。

 

寝る前にはスマホやテレビを見るのは避けて、
ストレッチなどをしてリラックスした眠りやすい環境を作るようにしましょう。

 

 

また、適度な運動は、ストレス解消や冷えの改善、睡眠不足の解消にも
役立ちます。

 

毎日気軽に出来るヨガや体操、
週末にはウォーキングなどをして、身体を動かす習慣を付けるのがおすすめです。

 

 

毎日の生活のなかで、これらのことを注意して過ごすのは基本ですが、
さらに症状が辛い方には
PMS治療薬のプレフェミンがおすすめです。

 

プレフェミンは、チェストベリー乾燥エキスが配合された
日本では唯一のPMS治療薬なので、まずは1ヶ月、じっくり試してみてください。

 

 

>>プレフェミンの副作用の症状とは?TOPへ

関連ページ

PMSの症状1 「下痢」
PMS治療薬、プレフェミンの副作用の症状をまとめました!また、当サイトでは副作用のないPMSサプリ、女性のミカタについても紹介しています。プレフェミンの飲用をご検討の方はぜひチェックしてみてください。
PMSの症状 「むくみ」
PMS治療薬、プレフェミンの副作用の症状をまとめました!また、当サイトでは副作用のないPMSサプリ、女性のミカタについても紹介しています。プレフェミンの飲用をご検討の方はぜひチェックしてみてください。